shirony(シロニー)の美白ケアクリームには一体どんな成分が含まれているのでしょうか?特に敏感肌の方なら、shirony(シロニー)の成分は気になりますね。成分の中に肌を刺激しそうな成分が入っているとちょっと使いづらくなるものです。

ここでは、shirony(シロニー)についての有効成分6種類をご紹介すると共に、shirony(シロニー)には副作用が起きやすい成分が入っているのか確認してみました。

【shirony(シロニー)に含まれる6種類の成分】
shirony(シロニー)の有効成分は「「水溶性プラセンタエキス」「3-0-エチルアスコルビン酸」「コメ抽出物加水分解液」「グリチルリチン酸」「ヒアルロン酸」「天然ビタミンE」になります。

〇水溶性プラセンタエキス
美白以外にもエイジングケアや保湿ケアなど多くの美容を期待することができるのがプラセンタエキス。外国では注射や点滴をする人もいる程の美容に良いエキスになっています。

〇3-0-エチルアスコルビン酸
こちらの成分は別名ビタミンCエチルと呼ばれるほど、美白ケアが期待出来る成分です。美白ケア以外にも、抗酸化力が高いので肌のエイジングケアにも適しており、肌にハリや透明感を与えます。

〇コメ抽出物加水分解液
名前通り、お米から抽出されたエキスになり保湿効果に特化した成分です。コラーゲンの生成を促してくれる効果を期待することができるので、肌がもっちりとした感触になります。

〇グリチルレチン酸
ニキビ対策によく含まれている厚生労働省が効果を認めている成分です。昔は蕁麻疹の薬などにも処方していたくらいの安全性の高いアイテムになります。

〇ヒアルロン酸
shirony(シロニー)では、3種類のヒアルロン酸が入っています。3種類のヒアルロン酸とは、水溶性コラーゲンヒアルロン酸・アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム・加水分解ヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸というと、高い保湿効果を期待することができますね。保湿効果以外にも肌のバリア機能を高めて肌荒れをケアしてくれます。

〇天然ビタミンE
ビタミンEは体内に日々溜まっていく活性酸素を抑える働きがあります。

以上が、shirony(シロニー)に含まれる有効成分になります。

【shirony(シロニー)の成分は安全?】
では、上記の6種類の成分については安全性は高いのかというと、多くの化粧水などに含まれる成分になりますので安全性は高い成分になります。

そのため、副作用の起きにくい成分になりますので安心して使ってみてくださいね。

【shirony(シロニー)の成分についてのまとめ】
ここでは、shirony(シロニー)についての有効成分を確認してみました。すると、shirony(シロニー)の成分には美白に特化した成分以外にも保湿や肌トラブルケアにも有効な成分達が配合されていることが分かりました。

では、この有効成分については安全性は高いのかというと、基本的に多くの化粧品に含まれている成分になりますので安全性は高いことも分かりました。

>>shirony(シロニー)の詳細はこちら